お彼岸。

 

こんにちは。

早くも、もう秋のお彼岸ですね。天体好きなスタッフはお彼岸にだって敏感です(笑)

 

昔から「暑い寒いも彼岸まで」と申しますが、本当にその通りですね。

春の彼岸の頃にはポカポカが続き、秋の彼岸には暑さは無くなってしまいます。

 

新潟は梅雨の時期よりも、秋に雨季があります。

それも手伝ってか、今年はもう、暑くなる事はないのでしょう。

 

秋が大好きなスタッフは、しっかり秋がやってきて

心躍る毎日を送っています。それだけで幸せです。

 

秋の魅力を語ると長くなるので、今回は、甘くてモチモチなにくいヤツ。

おはぎの話です。

なぜお彼岸におはぎや牡丹餅を食べるのでしょう。

本来、おはぎと牡丹餅は「粒あんかこしあん」で区別をすろそうです。

小豆には、邪気を払う効果があります。栄養価も高く、誰が食べても嬉しく美味しい一品です。

これを、スィーツとするか、食事とするか際どいところですが

ご先祖様のお見送りや、家族がみんな元気に過ごせますようにという

願いを込めて、手作りします。

 

最近ついてない方、お家に帰ってお墓参りをして

みんなで一緒におはぎを食べたら、今年の残りはずっと笑顔で過ごせるかもしれませんよ。

 

スタッフも、おはぎに負けじと皆様の笑顔の為に

施術に心を込めております。

皆様のお越しをお待ちしております。